Research

2020年度は下記のプロジェクトに取り組んでいます。

・ライティングプロセス可視化コーパスの構築と英語学習者のライティングプロセスの解明(研究代表者:石井 雄隆)

・学習者コーパスと連携した自動採点システムの開発と産出能力に関する測定・評価の検証(研究代表者:近藤 悠介)

・eラーニングを用いた英語学習を支援する自動フィードバックシステムの開発(研究代表者:大澤 真也)

・CBT対応の英語発話自動採点システムの構築:指導と評価一体化の高大接続に向けて(研究代表者:林 裕子)

・オンライン外国語学習における学習行動ログデータの構成概念化に関する基礎研究(研究代表者:小野 雄一)

・言語学習を対象とした時空を越えて相手を感じられる自学自習システムの開発(研究代表者:梅澤 克之)

・英語要約ライティング学習・指導用オンライン教材の作成とその妥当性の検証(研究代表者:澤木 泰代)

・外国語教育研究における再現可能性の検証と新たな研究領域の創出(研究代表者:鬼田 崇作)

・小中高大の英語学習者のためのデータ駆動型英文法学習サイトの開発(研究代表者:西垣 知佳子)